2012
02.24

お見舞いありがとう(●^o^●)

これから週1ペースで抗がん剤投与です。これは第一回目です

003_convert_20120224234557.jpg

※ これからどんなワンちゃんにでも起こりうる病気の一つとして、少しでも参考にして頂けたらうれしいです。

※ この件でお電話やメールを下さった方々に感謝します<(_ _)>

さてさて点滴中の1時間は、しつけ教室で習ったオートマチックステイがとても役立ちました

何とも不思議なネーミングですが、信夫さんのようにガサガサしてしまう犬には有効な方法です。

方法は、フセをさせた状態で犬の傍にフード(またはおやつ)を1つぶおとすだけ。

フードをあげるタイミングは、犬が床を見た瞬間や、よそ見をしている時で、飼い主さんがあげてる感を出さない方が、うまくいったりします(ちょっと難しいですが)。

思わぬタイミングでフードにありつけたワンちゃんは、下を見て落っこちてこないかな~、落っこちてくるといいな~とフセをして待っていてくれます。
慣れてきたら落とすタイミングを長くしていきます。

待て待てと言われ続けるよりも、ストレスが少なく済むと思います。

色々な所で役立つので試してみて下さいね~


こちらは、手作りフードと市販のフード(ジーウィーピーク)を混ぜたもの。
004_convert_20120224234637.jpg
鶏肉もも(国産)、椎茸、キャベツ、人参(すりおろし)など入ってます。

癌と戦う子達のフードはどんなものがいいのでしょう…

ワンちゃんの食餌には炭水化物(穀類)が多く含まれたものが多いですが、癌細胞はその炭水化物をエレルギーとして増殖していきます。

抗がん剤に耐えられる体づくりの為に蛋白質を増やし、癌細胞がエネルギーとして利用しにくい脂肪を増やす食餌がいいようです

つまり、高蛋白、高脂肪、低炭水化物のフードが理想(消化器管の運動性が低下してる場合を除く)

その他、食餌中のアルギニン量を増加させると腫瘍の進行速度を低減できる…

オメガ3脂肪酸がよい…魚油、亜麻仁油、ハーブ療法など、こちらに書ききれない程の情報

これらの貴重な情報は、今日お見舞いに来てくれた美女二人(獣医さん看護士さん)、そして北海道に住むこれまた美女の獣医さんから資料を提供して頂きました(こんな書き方でどうかな?

3人の方々ホントにありがとう(ToT)/~~~

なんて幸せなワンちゃんかしら…あなたって犬は…

今日の美女達のお陰で、確実に食欲と元気が盛り上がった信夫さん(小さい時から知ってますし)

癌に限らず、病気の何よりの特効薬は愛情ですかね

栄養学的な事はまた紹介していきますね…長文失礼致しました~
↓↓↓ランキング参加中です。ポチっと応援お願い致します(●^o^●)
Comment:2  Trackback:0
back-to-top